アニソンシンガーになるためのコツをお話ししています。

TOP » 関連ページ » アニソンシンガーになるコツ

声優やアニソンシンガーを目指す

アニソンシンガーになるコツ

アニソンシンガーになりたいという方は多いようです。若い頃からの夢だったという方もいます。

また会社員として勤めだしてからも夢を捨てきれずにスクールに通う方ももちろん、そう簡単にはなれない職業だからこそ夢も長続きするのだと思いますが、ほんの一握りの人しか夢をかなえることができない世界です。

ではどうやってなれるのか、まず才能があるに越したことはありませんが、中には音痴の状態からオーディションに合格できたという方もいます。

メジャーなコンテストとしてはアニソングランプリがありますが、入賞したら歌手になることも目指せますし、才能があればやはり現状は最短距離と言えます。

またアニソン歌手になるなら直接狙うのではなくて、まずシンガーとして普通に歌を歌ったほうが近道だという意見もあります。

シンガーとしてある程度実績を積み重ねてからアニソン歌手になるわけですが、シンガーになるためにもオーディションが大切です。
またオーディションは中学生からどんどん参加する方が増えています。ごく若い頃からバンドマンとして活動をし、20年も経ってからアニソンシンガーとしてデビューする方もいます。

アニメはそれぞれにキャラクターも違いますし、どのようなアニメが出てくるのかわからない世界ですから、才能があってもマッチするアニメが無かった、ということも考えられます。

また作詞や作曲ができる方も強いと言われています。自分で作って売り込んでいくことができ、ライバルにも大きく差をつけることができます。

音痴の方が成功したというのは音痴のままで、という例もあるそうです、つまりアニメですから、音痴でも成功する可能性はあります。

ダンスの上手な歌手、ルックスのいい歌手でもよく音痴だなどと言われますが、アニメの音痴は声でキャラクターを出さなければならないかもしれません。色々な才能が埋もれているとも言えますので、夢を大きく持っていくことがまず大切だと思います。